子供の夏休みの宿題と子供に対して

夏休みの宿題が出されるたびにどうしても「宿題は?」「どれぐらいできた?」と子供に再三聞いてしまいます。どうしてもダラダラと過ごしてしまう我が子なので、ついつい言ってしまいます。普段の宿題はそこそこやって学校に持っていくのですが、夏休みになるとどうも取り組み方が違うようなのです。

とりあえず、夏休みの前半は色々行事ごとがたくさんあったので、そこそこ声掛けと宿題ができる環境を整え、後半はどれぐらいの日数が残っているからどれをどのぐらいやるか考えてと声をかけて様子を見るようにしてみています。今年子供は小学4年なのでもうそろそろ計画性というものを持って欲しいと思っていて、親があまり言い過ぎないように、そして子供が宿題に対してマイナスイメージを持たないように考えて声掛けをしています。セノッピーの効果と口コミ!

とりあえず、宿題をやろうと声をかけるのは一日最大一回までにして、とりあえず鉛筆を持ったり宿題に取り組んだ時点で褒めるというか喜ぶようにしています。そして、宿題が進んだ時点で様子を少しだけ見たり、わからないところは少し教えたり一緒に考えたりもします。

漢字などは覚えきっていないものもあるようなので一緒に書いてみたりもします。疲れてもうこれ以上出来なさそうなら切り上げて、進んだ分を褒めます。これでうちの子供は学校に夏休みの宿題を仕上げて持っていけるのかどうかはわかりませんが、とりあえず様子を見ています。