クレンジングは肌との摩擦が少ないものを

肌のキメが整わない、ガサガサしてしまうなどのトラブルがある場合は、クレンジングを見直してみると改善する場合があります。

特に、肌が薄く、摩擦に弱いタイプの人は、肌に優しいクレンジングを選ぶことが大切です。
http://www.standrewscleveland.org/

中でも、最も避けた方が良いのはオイルタイプのクレンジングです。

一口にオイルタイプと言っても、その質にはピンからキリまであり、製品によっては肌に優しいものもあるでしょう。

しかし、ジェルタイプ、ミルクタイプ、オイルタイプの中で、一番肌との摩擦が強いのはオイルですので、自分に合ったものでない限りは避けた方が無難だと思います。

反対に、肌との摩擦が少ないのはミルクタイプやクリームタイプ。

手触りがなめらかで、クレンジングの時間にリラックスすることもできます。

しかし、メイクを落とす力はそれほど強くありません。

そのためか、あまり主流ではなく、コスメブランドの取り扱いも少ないような印象があります。

ここのところ見かけるようになったクレンジングバームは、ジェルタイプとクリームタイプの中間のような存在だそうです。

クリームタイプでは物足りないけど、優しい質感を求める人にはピッタリと言えそう。

これから注目度の高いアイテムになりそうです。