「らくちん」の代償は大きかった

こんにちは、私は20代のOLです。親譲りのFカップが自慢。胸が大きいことを羨ましいと思う方も多いでしょう。でも、いいことばかりじゃないのが本音。

胸の重さによるストラップの食い込みもブラの締め付けも窮屈で、毎日毎日「早く家に帰って解放されたい」と願うばかりでした。評判悪い?TrueUP(トゥルーアップ)を購入して飲んだ効果と口コミ!

そんな私の毎日を救ってくれたのは「ブラトップ」の登場です。「ブラトップ」って胸への締め付けがなく、とても快適ですよね。

私の職場は女性が多く、男性もおじさんばかり。「仕事中は別に胸を盛って見栄を張る必要もないし、楽なのがいちばん!」と、寝る時も仕事中もずっと「ブラトップ」生活をしていました。おかげでストレスフリーでリラックスした毎日を満喫していました、

もちろん良いことばかりではなく、お風呂上りにふと鏡を見てびっくり!悲しいことに、胸が確実に垂れている!しかも、垂れているだけでなく、見事な「離れ乳」に!

髪を乾かすのも忘れて、大急ぎでインターネットで調べてみました。間違ったサイズやサポート機能のないブラを長期間使用していると「クーパー靭帯」が切れてしまうこと、切れてしまった「クーパー靭帯」はもう元には戻らないこと。調べれば調べるほど段々憂鬱になってきました。

憧れのツンと上向きバストに戻れる日は来るのでしょうか。