ズンバでダイエット

20代までは、何を何時に食べようが飲もうが太ることは一切なく、体重計に乗ることもほどんどなかったが、30代に入ってからはそうもいかなくなってきた。

グラマラスパッツのむくみへの効果

食べたら食べただけ体重が増えるようになり、顔やお腹の丸みが気になるようになったきた。とりあえず間食を控え、どうしても食べたい時はカロリー抑え目のお菓子を食べるようにした。しかし、それだけでは体重は減らないし、体形もスッキリしない。

運動するしかないと思った。出来れば楽しく、お金のかからない方法はないか。色々検索した結果、ズンバにたどり着いた。ズンバとは、ダンスやエアロビクス的な動きを音楽と共に楽しめるエクササイズである。さまざまなダンスの動きに、筋トレの要素も加えられるため、全身の筋トレや有酸素運動にもなる。

Youtubeでズンバの動画を検索、チャンネル登録をし、最初は初心者向けの軽めのものに挑戦した。初心者向けとあって、動きは簡単だが、普段使わない筋肉にビシビシ来る。元々体力はないのだが、たった15分行っただけでとても疲れ、体の至る所にダルさを感じた。しかし、楽しかった。私の人生で、音楽に乗せて踊る機会は地域の盆踊りくらいしかなかったので、とても新鮮だった。ダイエットのために始めたズンバだが、趣味になりそうだと思った。

ズンバを始めてから3週間経ったが、毎日どこかしら筋肉痛になりながらも続けている。今のところ、体重に大きな変動はないが、ズンバをした後の体がスッキリする感じが好きで、一日の終わりにズンバをし、お風呂に入るというのがルーティーンのひとつになった。今後も楽しみながらズンバダイエットを続けていきたい。