奇跡の虹。運命の虹。

彼氏に裏切られて、家を無くし、毎日ヤケになって昼夜仕事をして、空いてる時間は飲み歩いていたら、ある日ひとけのない道で通り魔に合い、死にかけました。

そして実家に帰って必要最低限しか外に出ない生活で、まさしく私にとってどん底生活を送っていたある日、心配してくれていた叔母から、亡くなった祖母のお墓参りのお誘いがあり、久しぶりにお墓参りに行きました。

【公務員婚活110番】真剣な出会いを探して結婚したい女性は必見!

お墓には亡くなった時から行っていませんでした。行く前は雨予報でしたが、お墓に近づくにつれて雨は止んでいき、きれいな虹とともに晴れました。

なんとなくその虹をみた私は、自分にとってなんとなく特別に感じました。

お墓参りをした後は、仕事もプライベートも順調になり、良い関係の男性があらわれました。

前回裏切られたこともあってお付き合いをするか悩んでいた頃、デートに誘われました。出かけた日は雨で、桜を見に行く予定でした。とりあえず目的地へ車を走らせていると、だんだんと晴れていき、目的地付近につくと虹がでました。

その虹を見た私は、なんとなくですが「この人なら大丈夫」って思えました。

そして数年後、今ではその人が、私の旦那様となり、子供も居て、普通だけど幸せな家庭を築いています。

虹は私の宝物となりました。