女性としてのヘアスタイルの悩み

女性には男性より髪のスタイルへのこだわりが多くある。MEDULLA(メデュラ)シャンプー

小学生のころにしても、男の子は短髪に対し、女の子は髪の毛を伸ばして二つにわけて結んだり、三つ編みしたりお気に入りのリボンつけて友達と見せ合いっこすることから

始まっている。また、中学生になり少し大人っぽく憧れのアイドルやスターの髪をまねし始める。しかし、中学生ぐらいになると、学校の校則で髪型への規制も出て来はじめたりするので、思い切った髪型ができないことも多々あると思われる。ここでまず最初の髪型の悩みにぶち当たり、だんだんと校則すれすれの髪型を見つけていく。

中学を卒業して、高校 大学と進みだんだん大人の髪型にしていくにあたり、美容室へのこだわりもうまれる。ここで家庭の事情も踏まえてくることになる。それは、美容室での料金である。高校生だと裕福な家庭の子はいいが、そうでない子は親からもらうお小遣いを頼りにする。美容室代にお金をかけるには少々不安である。

そこでバイトする子もいるのではないかと思われる。バイト禁じられている学校もあるので、ここで次の悩みにぶち当たる。

高校や大学を卒業して社会人になると自分でも稼ぎがでてくるので学生時代のような悩みからh解放される。美容室でカラーやストレートやウェーブにするようにパーマも

髪への負担も出てくるので今まで以上にヘアケアが大事なのではないでしょうか。