ぬか漬けの健康効果で、腸内環境を改善します。

古くから日本の食文化には発酵作用を駆使した技法があり、現在においてもそのノウハウは脈々と受け継がれていて、醤油、味噌、納豆、漬け物、鰹節などがあります。
私がお勧めするのは、ぬか漬けです。ぬか漬けには体に良い成分がたくさん詰まっています。そこで今回は、ぬか漬けの健康効果について考えてみましょう。

快糖茶

ぬか漬けは、植物性乳酸菌が発酵するものです。この成分が腸内環境を良好にすることにより、下痢や便秘の予防や改善の効果が期待できます。
その他にも風邪の予防にも効果が期待できます。さらに、米ぬかには美肌効果も期待できるため、ぬか床を攪拌することで手肌もしっとりと潤います。

米ぬか自体はとても安く、米穀店やスーパーで販売されていますが、手間を掛けたくないという方には、熟成されたぬか床をネットショップなどで購入することができます。またたくさん作っても食べ切れないという場合には、密封ができるビニール袋でぬか床を作り、きゅうりやナスを1本単位で作ることが可能です。しっかり密封して冷蔵庫に保管しておけば、腐る心配はありません。

古くから伝わる発酵作用を利用した食品が現代においても腐ることのない背景には、発酵によって健康維持に欠かせない成分が作られているからでしょう。ぬか漬けは臭いが気になるところですが、自らの健康のことを考えれば多少の臭いは気にならないでしょう。
最初は抵抗があるかも知れませんが、健康維持や美肌効果を期待してぬか漬け作りにチャレンジしてみましょう。